ジャッキーチェン「奇蹟/ミラクル」あらすじ 評判・感想 無料視聴可能な動画配信サービスは?

スポンサーリンク
ジャッキーチェン
スポンサーリンク


本日は「奇蹟/ミラクル」のあらすじ紹介をします。

まだ、見たことがない方にはぜひおすすめしたい作品です。

ジャッキーチェン「奇蹟/ミラクル」

監督:ジャッキーチェン

脚本:エドワード・タン/ジャッキーチェン

製作:ワォン・ゾウィー

出演:ジャッキーチェン/アニタ・ムイ/ユン・ピョウ他

無料視聴可能な動画配信サービス一覧

動画配信サービスには、無料トライアル期間が存在します。

無料トライアル期間中は一切の料金が発生しません。

期間は2週間から1ヶ月ほどです。

無料トライアル期間について←さらに詳しく知りたい方はこちら

サービス名字幕吹替
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
dTV
2022年9月17日更新

※随時作品が更新されるため、配信状況を確認することをおすすめします!

概要

ジャッキーチェン監督作品。

ジャッキーチェン自身のお気に入り作品TOP3に入る作品です。

かなり面白い作品なんですが、なぜかあまり知られていない作品。

ユンピョウが序盤にほんの数秒だけ、出演しています。

主要人物

コウ:ジャッキーチェン

香港へ出稼ぎに来た本作の主人公。カンフーを得意とする。

香港に来てそうそう、詐欺に遭い一文無しになってしまう。しかし、バラ売りの婦人から買ったバラをきっかけに人生が一変する。

ヤン:アニタ・ムイ

本作のヒロイン。先代のマフィアボスの相棒の娘で、父の借金を払うため、レストランで働く。歌とダンスを得意とする。

マダム・ローズ:クェイ・アルイ

幸運のバラを売る婦人。娘に裕福を装い、身分を隠し仕送りを続ける。しかし、娘が大富豪の婚約者と父を連れて香港に来ることになり、身バレの危険で心を病んでしまう。

タイガー:オー・ジョンホン

コウのマフィアと対立するマフィアのボス。1人に対して、弾き(拳銃)を使うことを嫌う。仁義に厚い。

フェイ:ロー・リエ

先代ボスの右腕。コウのボス就任に納得がしていない人物。

コウをはめるため、タイガーに偽の情報を流すなど、裏切り行為をする。

ジャッキーチェン「奇蹟/ミラクル」こんな人におすすめ

「奇蹟/ミラクル」おすすめな人
  • ストーリー重視の作品が見たい人
  • コメディ要素が豊富な作品が見たい人
  • ジャッキーチェン監督作品が見たい人
「奇蹟/ミラクル」おすすめしない人
  • インパクトあるアクションシーンが見たい人
  • シリアスな作品が見たい人

ジャッキーチェン「奇蹟/ミラクル」あらすじ

香港へ職を探しに来ていたコウは、カンフーを得意とした。しかし、詐欺に遭いいきなり一文なしになってしまう。

そこへ、貧しい花売りのマダマ・ローズが薔薇を売りに来る。

「幸運のバラ」というマダムからコウは最後のお金で、一輪のバラを購入する。

すると購入してすぐ、車の事故が起きる。

事故の現場では、車の中の人へ銃を構える人がいた。

コウはとっさに、銃を持ってる人を倒す。

車の中の人を担ぎ、その場から逃げる。

追手から逃げ切ることが出来たが、担いでいた人はマフィアのボスで病気で弱っていた。

ボスは後継者の話の途中で息を引き取ってしまう。

ボスの部下達は、最後に指を指されたコウを後継者と判断し、ボスに任命する。

しかし当然、マフィアの中にはよそ者のコウをボスとして認めない人も多かった。

特に先代の右腕として、次期ボスの後継者だと思っていたフェイは納得していなかった。

コウは状況がわからないままマフィアのボスになり、バラに縁を感じ、何かあるたびバラを買い続けた。

コウはマフィアのボスになり、対立するタイガーとの抗争の原因を聞く。

先代の元相棒が生前レストランの権限を半分渡すとタイガーに約束していた。

しかし先代はその話を知らず、断り続けたことで争っていた。

タイガーは新ボスになったコウにも経営するレストランの権利を求めてきた。

コウもこれを断り続けた。

レストランの景気は良くはなかったが、そこへ先代の元相棒の娘・ヤンが現れる。

ヤンは、父が店に借金をしていたと聞き、返済の義務があるとして、働きに来た。

ヤンはナイトクラブで歌と踊りをやっていた経験がある。

コウはひらめき、店をナイトクラブに改装する。

これがハマり、レストランは景気に乗り大成功を収める。

しかし、これを知ったタイガーはさらに店の権限を要求してきた。

コウは断り、タイガーとの抗争が続く。

コウは、タイガーとの話し合いがあったが、マダムがいないことに気づく。

マダムは心を病んでいた。

事情を聞くとマダムは、上海にいる娘ベルに裕福を装い、仕送りをしていた。

ベルに心配をさせたくないと言う、優しい嘘だった。

しかし、ベルは大富豪の息子と婚約予定で相手の父を連れて、香港に挨拶に来るという。

マダムは身分がバレたらと、不安で心を病んでしまっていた。

コウは、バラの恩を感じて、マダムにベルが来る少しの間、裕福な生活を装うことにする。

マダムは身分偽り着飾って、高級ホテルに泊まる。

フェリーで来るベル達をマダムと共に迎えに行く。

そこへ、大富豪クーの知り合いで出迎えにきていた、香港警察のホー隊長を発見する。

身分がバレる危険を感じたコウは、部下に追い払ってもらい、ベル達を出迎えた。

タイガーとの対談があったが、マダムのことでいっぱいいっぱいで遅れてしまう。

しびれを切らしたタイガーは部下を2名派遣する。

コウは銃で脅されるが、2人を倒し拘束する。

タイガーとの対談前にバラを買いにマダムのいるホテルに行くと、大富豪クーへの取材のため、たくさんの記者が訪れる。

コウ達が記者を強引に拘束する。

だんだんと苦しくなってくる中、クーが知り合いを集めて披露宴を香港で今すぐやりたいと言う。

コウは何も考えずに承諾。

しかし、著名な知り合いがいないコウは慌てる。

なんとかしようと、部下達に役名を配り披露宴の間、紳士・淑女を演じることを命じる。

役の練習中、マフィアが集まっているのを警察に見られ、抗争と勘違いされてしまう。

練習場は警察に包囲され、絶体絶命となる。

コウは警察の説得に向かう途中、拘束されたタイガーの部下を発見する。

コウは2人を逃がす。

フェイはコウをはめるため、タイガーに派遣した部下2名が殺されたと嘘の情報を流す。

タイガーは怒り、コウを追う。

コウはタイガーの部下に見つかり、町中で戦闘となり、必死に逃げるが捕まってしまう。

タイガーのもとに連れて行かれ、銃を突きつけられてしまう。

  • 絶体絶命のコウの運命は
  • 裏切り者フェイはどうなるのか
  • マダムの娘ベルの披露宴は無事開催できるのか
ジャッキーチェン「奇蹟/ミラクル」の結末を見る

ジャッキーチェン「」評判・感想

サイト名ポイント
Filmarks★ 3.6
映画.COM★ 3.1
YAHOO映画★ 3.8
おばブログ(筆者)★ 4.0



Filmarks 口コミ

内容は分かりやすく、特に怖いシーンも無いので、安心して観れた。

アクションシーンは少し少なめでしたが、かなり見応えがありました。

https://filmarks.com/movies/14898

ジャッキーチェン作品の中では珍しくアクションよりストーリーに重きを置かれているように感じた。展開が丁寧だからかな?

個人的にはあのバラが幸運を呼んでいるとは思えないなw

https://filmarks.com/movies/14898

映画.COM 口コミ

単純に面白かった。

アクションシーンもそれなりにすごいと思った。

色々小道具や大道具を使い次から次へと展開されて楽しめるがちょっと長いなあと思うシーンもあった。

アクション・コメディなのでドキドキ感の中に適度な笑いも盛られさすがジャーキーたるゆえんではないか?

ブルース・リーやスタローンにない良さがある。

物語は結構都合の良いように進んでいくが許される範囲か?

腹心のチャンもとぼけた奴だったけれど警察のボスの最期は情けないくずやったなあ。

https://eiga.com/movie/49961/

YAHOO映画 口コミ

アクションシーンはとてもスマートで楽しくて素晴らしい動き!良くできてます!

しかしストーリーの方が…笑わせたり人情味を持たせて楽しく盛り上げてはいるけどちょっと長ったらしい感じがしたかな…もっと時間を短くしてコンパクトにした方が良かったような。

ローズ婦人はなんだかずいぶん厚かましい感じがした(笑)それも作品に感じわるさをちょっと与えてしまってる。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/23034/

ジャッキー映画っぽくアクションがハンパないです!

ただストーリーが好みじゃなかったです!軽い感じですしコメディよりでした。

https://movies.yahoo.co.jp/movie/23034/

おばブログ 感想

隠れた名作。

アクションシーンはあるが、どうしてもプロジェクトAやポリス・ストーリーと比べるとインパクト薄い印象です。

しかし、普段のジャッキーチェン作品よりもストーリーが濃いです。

マフィアとしての稼業、そして恩人であるバラ売りのマダムへの恩返し。

非常に惹きつけられる作品になっています、

また、個人的に一番の見所はアニタ・ムイとのやり取りです。

まさにコント。ジャッキーとアニタの息のあったお芝居は見事です。

ジャッキーがアニタの演技を高く評価しているのが、すごく分かる作品だと思います。

反対に惜しかったと思うところは、最初にも書いたようにインパクトあるアクションがなかったところです。

ファイトシーンはもちろんかっこいいんですが、奇蹟/ミラクル=のアクションが無いと思いました。

そこがあれば、間違いなくプロジェクトAやポリス・ストーリーに並ぶ作品だと思います。

非常に面白い作品なのでぜひ見てください!

初めてのジャッキーチェン作品にもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました