命の危機!?半身不随!?ジャッキーチェンが負った怪我 5選

スポンサーリンク
ジャッキーチェン
スポンサーリンク

アクション俳優に必ずつきまとってくる「怪我」

今回ご紹介するジャッキーチェンも、多くの「怪我」を負ってきました。

「ジャッキーチェンの出演作品は100作品」を軽く超え、その撮影ごとに「怪我」をしていると言っても過言ではないです。

それは軽傷なものから命に関わるものまで幅広く、撮影はいつも「危険」と隣り合わせです。

ジャッキーチェンが負った怪我 5選

「命がけのスタント」で大迫力の映画を撮ってきたジャッキーチェン。

そんな彼の数多い怪我の中で、特に酷い怪我を5つピックアップしたのでご覧ください。

【頭蓋骨骨折・脳内出血】 サンダーアーム/龍兄虎弟 

崖から木に飛び移るアクションで発生。

ジャッキーチェン史上、最悪の怪我。

飛び移った瞬間、木の枝が折れてしまい落下。石と石に頭を打ち付ける。

この「怪我」でジャッキーチェンの引退説が流れた。

しかし、不死鳥のごとく復活した。

作品は、少し繋がりに違和感(髪の長さが違う)があるものの、見事に完成させた。

この「怪我の後遺症」もひどく、今でも右耳がほとんど聞こえていない状態。

また、「耳の後ろに塞がらない穴」ができ、現在もプラスチックで塞いでいる

「サンダーアーム/龍兄虎弟」のあらすじを見る←

U-NEXTの無料トライアル期間で無料視聴可能途中退会OK

【脊髄損傷・手の大やけど】 ポリス・ストーリー 

デパートのポール(高さおよそ30m)から滑り落ちるアクションで発生。

半身不随の一歩手前。

落ちる場所に小屋のようなクッションがあったものの、ものすごい勢いで落下。

また、飾りのシャンデリアは「本物の電気」が流れており、感電もした

この「アクションのすごい」ところは、落下したあとにジャッキーチェンが演技を続けることです。

敵の方に「ダッシュ」して捕まえるところまで、しっかりやっています。

しかし、「脊髄損傷と骨盤のズレ」による半身不随なりかけになりました。

手の皮が剥けてやけどを負うなど、ただでは済まないアクションでした。

「ポリス・ストーリー/香港国際警察」のあらすじを見る←

U-NEXTの無料トライアル期間で無料視聴可能途中退会OK

【頸椎損傷】 プロジェクトA 

25mと言われる時計台からの落下アクションで、首から落ちて発生。

ジャッキーチェンの伝説のアクション

「首から落ちて深手」を負いながらも、合計で3回もこのアクションを行っている。

また、この時計台からジャッキーチェンの名脇役、火星(マース)も1度、落ちているそうです。

首から落ちたことにより、半身不随になりかけています

「プロジェクトA」のあらすじを見る←

U-NEXTの無料トライアル期間で無料視聴可能途中退会OK

【眉骨損傷】 酔拳 

落下時に眉をぶつけて発生。

この怪我のマル秘エピソードとして、「酔拳」と同時進行で「龍拳」(78)の撮影していました。

「龍拳」の撮影で怪我が写り込まないように、半分の顔しか映さないで撮影していたそうです。

この怪我で、「眉骨を損傷」し、危うく失明寸前の怪我を負っています。

「ドランクモンキー 酔拳」のあらすじを見る←

【人中の裂傷】 ファイナルプロジェクト

詳細不明。

人中・・・鼻と口の間。

「応急処置が衝撃」

患部を接着剤でくっつけて、撮影を続行したそうです。

そんなところに穴が空いたら、悶絶ですよね、普通…

U-NEXTの無料トライアル期間で無料視聴可能途中退会OK

ジャッキーチェン その他の怪我

怪我作品名
鼻骨折ヤングマスター(1980)
プロジェクトA(1983)
ミラクル(1989)
ナイスガイ(1997)
眼部損傷酔拳(1978)
手の骨折プロテクター(1985)
右足首骨折レッド・ブロンクス(1995)
膝損傷シティーハンター(1993)
頬骨損傷ポリス・ストーリー3(1992)
肩損傷

鼻の骨折4回はやばいですね。

こういった怪我をしても、ジャッキーチェンは撮影を止めないことでも有名です。

正直どうやったら痛みに耐えられるのか、わかりません。

でもそのおかげで多くの面白い作品が誕生しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました