ジャッキーチェン 1990年代 おすすめ映画 6選

スポンサーリンク
おすすめ
スポンサーリンク

今回はジャッキーチェン映画、1990年代のおすすめ作品をご紹介します。

筆者の独断で選んでいます。ご了承下さい。

今記事でわかること

  • 1990年代に絞って作品を探せる
  • 1990年代の特徴がわかる
  • 見放題になっている動画配信サービスがわかる

それでは最後まで御覧ください。

ジャッキーチェン 1990年代 特徴

1990年代のジャッキー映画は80年代に引き続き、アクションが健在で、数多くのアクションを行っています。

盟友スタンリー・トンとも初ダッグを組み「新しいアクションを取り入れ」進化を遂げている。

例えて言えば、ビルやヘリコプターなど目に見えるものをどんどん作品に入れています。

「本格的なハリウッド進出」もしています。

過去2度、ハリウッドに挑戦していますが、結果が出ませんでした。

しかし3度目の挑戦ジャッキー人気に火がつき、大ヒットを記録します。

香港映画ではありますが、「レッド・ブロンクス」は「全米興行収入初登場1位」アジア史上初の快挙を達成。

ハリウッド出世作である「ラッシュアワー」は「興行収入2億ドルを超す大ヒット」を記録しています。

ジャッキーチェン 1990年代 おすすめ映画 6選

そんな1990年代の作品を6選ご紹介してきます。

今回、選んだ作品はどれも「王道」なジャッキーチェン作品だと思っています。

アクションとコメディのバランスがいいものを選びました。

レッド・ブロンクス

・全米初登場1位 アジア史上初の快挙

・ハリウッドを視野に入れた作品

スタンリー・トン監督作品

この作品の見所は、2つ。

  1. ジャッキーチェンとアニタ・ムイのやり取り
  2. ジャッキーチェンのアクション

ジャッキー映画の名女優「アニタ・ムイ」は、この作品でもかなり印象的な女性を演じています。

アニタ・ムイらしい演技でジャッキーと息のあった演技が面白いのです。

ジャッキーのアクションは安定にかっこいいです。

個人的におすすめなシーンは、暴走族のたまり場に殴り込むシーンです。ここではジャッキーお得意の物アクションを多く披露しています。

レッド・ブロンクス←さらに詳しく

動画配信サービス

動画配信サービス字幕吹き替え
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
dTV
2021年11月更新

ツイン・ドラゴン

・ジャッキーチェン初の1人2役

・コメディ要素が豊富

双子をテーマにした作品。日本公開時のポスターでジャッキーチェンの隣にウッチャンナンチャンの「内村光良」さんを使っています。

理由は、顔がにているから。

この作品の見所は、2つ。

  1. 双子の動きがシンクロする
  2. チビの兄貴分のターザン

この作品では、双子(ジャッキー)の動きがシンクロする設定になっています。

もともと正反対の二人で、片方はケンカが強く、片方はケンカが弱い設定です。

「強い方」にシンクロして「弱い方」も強くなり、敵を倒します。急に強くなるので、敵が焦っていて面白いです。

強い方のジャッキーがいつも一緒にいる兄貴分のターザン。

この人がかなりのポンコツで、お笑い担当です。

双子だと知らずに、二人に振り回されるシーンは本当に笑えます。

ツイン・ドラゴン←さらに詳しく

動画配信サービス

動画配信サービス字幕吹き替え
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
dTV
2021年11月更新

酔拳2

・香港の重鎮「ラウ・カーリョン」監督・出演

・途中からジャッキーチェン監督代行

酔拳2というタイトルですが、「酔拳」との繋がりはほぼなく、別の作品と思ったほうがいいです。

この作品の見所は、2つ。

  1. アニタ・ムイがまさかの母親役
  2. 工場でのラストバトル

ヒロインも務めたことのあるアニタ・ムイがジャッキーの母親役で出演しています。

本当に幅広い演技が魅力的で、めちゃくちゃ面白いです。また、少しアクションも披露しています。

工場でのラストバトルは個人的にTOP3に入るベストファイトです。

最後に登場する「ロー・ワイコン」はもともとムエタイの選手で足技が一級品です。

かなり苦戦しますが、工場用の超強力なアルコールを使った酔拳で倒します。本当にめっちゃかっこいいです。

酔拳2←さらに詳しく

動画配信サービス

動画配信サービス字幕吹き替え
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
dTV
2021年11月更新

ファイナル・プロジェクト

・核をめぐる超バトル

・ヘリコプターで死にかける

ポリス・ストーリー3の続編で、ポリス・ストーリー4のタイトルでもある。内容自体は繋がりがなく、別の作品です。

この作品の見所は、2つ。

  1. 序盤の雪山での滑走
  2. クライマックスの水槽バトル

序盤かなり急な斜面の雪山をものすごいスピードで滑走します。

装備が整ってもいない状態であそこまでできるジャッキーは本当にすごい身体能力の持ち主だと思います。

水槽の中での水中バトルで、ジャッキーは酸素ボンベを取られて入水敵はみんな装着

こんな不利な状態でのバトルですが、水中での酸素を奪う駆け引きが本当に面白いです。

ファイナル・プロジェクト←さらに詳しく

動画配信サービス

動画配信サービス字幕吹き替え
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
dTV
2021年11月更新

WHO AM I?

・ジャッキーチェン監督作品

・伝説のビル滑りアクション

プロジェクト・イーグル以来7年ぶりの監督作品。日本でも活躍している山本未來やミシェル・フェレ、ケイン・コスギなども出演している。

この作品の見所

  • 木靴での反撃
  • 傾斜45度のビルからの滑走

敵に追われて散々殴られ絶体絶命のピンチのときに、木靴(木でできた硬い靴)を見つけて、反撃開始します。

敵にやられたことと同じことをやり返します。とてもスカッとして、なおかつ笑えるシーンです。

このアクションはジャッキー自身もお気に入りのアクションです。やるのに2週間も躊躇したという話もあります。

21階相当の高さ、傾斜45度のビルを生身で滑走します。ジャッキーのアドリブっぽい演技もあり、かなり危険なアクションをやっています。

ぜひ見て下さい

動画配信サービス

動画配信サービス字幕吹き替え
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
dTV
2021年11月更新

ラッシュアワー

・ハリウッド出世作品

・大人気シリーズの1作品目

ハリウッド進出3度目にして、大ヒットを記録した。興行収入がジャッキー史上初の2億ドルを超えています。

ジャッキーがアクション担当、クリス・タッカーがお笑い担当みたいな感じの作品です。

この作品の見所は、2つ。

  1. 力では勝たないジャッキーが見せる柔軟なバトル
  2. ジャッキーとクリス・タッカーのやり取り

パワー系の敵が出てくるシーンがあり、そこで見せるジャッキーがかっこいい

かなりの不利な状況でも、笑い要素を入れたり、物アクションで敵を倒したり、本当にかっこいいです。

冷静なジャッキーと陽気なクリス・タッカーのバランスがいいです。

とりあえずクリス・タッカーがずっとボケている感じなので笑えます。そこにジャッキーも入ってくるので、すごく息のあったコンビです。

ぜひ見てください。

動画配信サービス

動画配信サービス字幕吹き替え
U-NEXT
Hulu
Amazonプライムビデオ
dTV○(11/30まで)
2021年11月更新

まとめ

90年代は「アクション」と「ストーリー」のバランスが良くとても見やすい作品が多いと思います。

80年代と比べると作品ごとに、また新しいものを取り入れたりアクションに使ったりと、常に進化している感じだと思います。

90年代はジャッキーのハリウッドでの人気も上がり、ハリウッドを一気に駆け上がっていきました。

90年代も間違いなくジャッキーチェンの黄金期です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました