【ダウンロード機能あり】 動画配信サービス 9選 メリット・デメリット

スポンサーリンク
VOD
スポンサーリンク

近年、コロナ禍の影響もあり、家で過ごすことも多くなっています。

そこで、どんどん需要が伸びている、「動画配信サービス」

動画配信サービスがあるため、TVを見ない人も増えています。もしかするとTVがいらなくなる時代が来るかもしれません。

そんな動画配信サービスにはかなり便利な機能がいくつかあります。

今回は便利な機能の1つ「ダウンロード機能」について記事にしていきます。

この記事でわかること

  • ダウンロード機能付きの動画配信サービスがわかる
  • ダウンロード機能のメリット・デメリットがわかる

ダウンロード機能付き動画配信サービス 9選

サービス名ダウンロード本数※①再生期限※②料金
U-NEXT25本最大48時間(変動あり)2,189円(税込)
Amazonプライムビデオ25本DL後 30日間
再生後 48時間
500円(税込)
Netflix100本DL後 7日間
再生後 48時間
ベーシック 990円(税込)
スタンダード 1,490円(税込)
プレミアム 1,980円(税込)
Hulu25作品DL後 30日間
再生後 48時間
1,026円(税込)
TELASA25作品DL後 48時間
配信終了まで
618円(税込)
Disney+無制限オフラインが30日以上で無効
会員である限り
990円(税込)
dTV無制限配信終了まで550円(税込)
dアニメストア無制限DL後48時間440円(税込)
ABEMAプレミアム無制限番組がある限り
会員である限り
960円(税込)

※①ダウンロード本数

各サービスでダウンロード本数の上限を設定しているところがあります。

上限以上のダウンロードは出来ないため、削除が必要です。

※②再生期限

ダウンロードは永久保存ではなく期限があります。

設定された期限をすぎると視聴が出来なくなります

まだ見たい場合は再ダウンロードが必要です。

ダウンロード機能 メリット・デメリット

ダウンロード機能のメリットとデメリットを紹介します。

メリット① 通信量がかからない

ダウンロード無しで120分映画を再生すると約1GBから10GB消費してしまいます。(画質により変動)

しかし、あらかじめ作品をダウンロードしておけば、オフラインで再生することが可能です。

オフライン再生の場合、通信量がかからないため、速度制限を気にする必要がなくなります。

メリット② 外出先で作品を楽しめる

通信量がかからないため、通勤通学中にも作品を視聴できます。

ちょっとしたスキマ時間に視聴することも可能です。

メリット③ 高画質で作品を見れる

ダウンロード時に画質の選択が出来ます。

通信量がかかる場合、低画質に抑えないすぐ速度制限がかかってしまいます。

しかし、ダウンロードは気にせず、高画質で作品を見れます。

デメリット① 容量が大きい

画質にもよりますが、120分映画の1本辺りで0.5GB〜2GB使用します。

そのため、すぐに携帯の容量がパンパンになってしまいます。

デメリット② Wi-Fi環境がないと時間がかかる

大容量のため、Wi-Fi環境がないと、ストレスを感じます。

また、ダウンロードには通信量もかかるので、Wi-Fi環境がないと辛いです。

SoftBank Airはコンセントに差すだけで簡単開通

デメリット③ ダウンロード本数に制限がある

無制限ダウンロードもありますが、基本的に本数に制限があります。

アニメなど話数が多いものだと、1話1本のため、続けて見たいときに不便に感じることがあります。

ダウンロード機能を使用する場合

便利な機能ですが、本数制限や大容量を使うダウンロード機能。

当たり前ですが、見終わったらすぐに消す。これをしっかりやれば、デメリットをあまり感じることなく、利用できると思います。

ダウンロード機能 動画配信サービス まとめ

メリット

  • 通信量がかからない
  • 外出先で作品を楽しめる
  • 高画質で作品を見れる

デメリット

  • 容量が大きい
  • Wi-Fi環境がないと時間がかかる
  • ダウンロード本数に制限がある

実際に使用してみると、かなり便利な機能です。

通信料を気にせず、作品が見たい方はぜひ利用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました